2018年11月29日木曜日

家びらきライブ VOL.1

10月28日(日)の昼下がり、谷川賢作さんのピアノと宮野裕司さんのサックスが羽鳥の住宅街に響き渡りました。会場はわたしたちの住居兼事務所の本間義章建築設計事務所。当日は、雲ひとつない晴天のもと、友人たち、ご近所さんを中心に、大人26名、子ども12名が集まってくれました。ありがとうございました。予想を上回る子どもの数に、少々驚いた様子の賢作さんでしたが、そこはさすがのご対応。皆が楽しめる曲目とお話で会場を巻き込んでいかれました。子どもたちも一流の音楽家の音色にぐっと引き込まれ、なかには聴きながらお昼寝タイムに入るお子さまも笑!贅沢な、ゆたかな時間が流れました。






4年前に静岡の羽鳥の家に戻ってから、ずっとやりたいと思っていた家びらき。こんなに贅沢なライブができたのは、静岡市出身の山本起也監督とのご縁があったから。山本監督作品のツヒノスミカ(2006年)は「ばあちゃんの家の終焉を愛おしむように見つめた、ひと夏の小さなレクイエム」的作品なのですが、その「ばあちゃんの家」が偶然にもご近所の羽鳥であったということから、いつかここで上映会を開きたいと監督に申し出ていたことをなんと監督が覚えていてくださり、今回の企画に至ったのでした。今回は上映会ではなく、ライブとなりましたが、近いうちに上映会企画もしますので、そのときはぜひ皆さんいらしてくださいね。
そうそう、その山本監督とのご縁をくださったのは、静岡大学 アートマネジメント人材育成のためのワークショップ100です。素晴らしい取り組み。いただいたものを少しずつでも地域にかえしてゆきます。


映像はそのツヒノスミカの一部。この美しい曲が家に響いたとき、家が喜んでいるような気がしました。

2018年6月6日水曜日

1年!!!

みなさん、こんにちは。
お久しぶりです。いや、お久しぶりすぎる…。
前回のブログアップから気づけば1年経っていましたよ…。
恐ろしい…。

洞慶院さんの東司(とうす=お手洗い)が完成しました。

みんなに手伝ってもらって、外壁塗ったり、内壁塗ったり。

みなさまのご協力により、晴れて完成。




ここなら住める、こんな小屋がほしい、と嬉しいお声もいただき笑。
トイレの神様 烏蒭沙摩明王が祀られているお寺にふさわしい快適なトイレが完成したと自負しております。みなさま、静岡にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

http://www.tokeiin.jp/

2017年6月7日水曜日

祝1周年♡


本日、梅雨入りしましたね。
この季節、グラス片手に(雨の入りこまない)ウッドデッキで
愛しのオリーブ眺めながらお酒♪
最高です。

しかも、お酒は一年前に自分で仕込んだ梅酒!
ふと思い立ったら、ちょうど一年でした。
なんというか、先人の知恵を尊敬した一夜でした。
こんなに美味しくなるのですね〜。

4畳半の広さのウッドデッキ、私は重宝しております。
ウッドデッキの活用、またレポートいたします♪ (み)




2017年6月1日木曜日

ソトコト編集長に会った

こんばんは。
昨夜は、ソトコト編集長のトークイベントに参加しました。
久しぶりの夜の外出〜。

ソトコト編集長から見た静岡市。どんなふうに見えているか知りたい!と思って参加しました。まあ、そんなに簡単に「静岡市はコレですよ」という安直な答えはありませんでした。あたりまえか笑。編集長はずっと静岡市で観察しているわけではなく、ちょっと降り立ち、感じたことをお話し、過去のもしくは現在進行形のご自身の成功事例を語る、みたいな感じなわけですよね。(それはそうか。)もっと静岡と連携したかったら依頼して、という感じでしょうか。以前の職場で、コンサルタントの先生をお呼びして、その日がくれば何か解決方法が見つかるのでは!とワクワクしてその日を迎え、終えたものの、残ったのは解決されない課題であった…。自分たちで解決する以外に道はなかったのだ、的な。あぁ、まさにそんな感じでした。いやぁ、これは私の依存体質によるものですね。

その地域のよさは、その土地に住む人しかわからない。
その土地のよさを、その地に住む人が見つけ、それを内向きに発信する。
ここはこんなにいい場所だから、皆で大切に住み続けていこうと言い続けよう、と。
昨夜の学びは、①誰に伝えるべきかを間違えてはいけない、②何を伝えるべきかを間違えてはいけない(陳腐なものはアウト)、③静岡市は大きいかもしれないけど、「七間町」とか小さく考えればよいのでは、の3つ。個人的には3の気づきが大きかったかもしれない。

家康は100年後の人々も快適に過ごせる街、というのを目指して静岡のまちづくりをしたそうです。わたしたちもそうありたい。それに役立つ家をつくりたい、と思います。1件の小さなお店から街が変わることも多々あるようです。(み)

2017年5月29日月曜日

共振


本日のテーマは「共振」。
写真はまさにオリーブと共振している人、です笑。
隠し撮りで窓越しに写したため、色々写り込んでいて残念な写真になっていますが。
この共振のおかげで、我が家のオリーブたちは元気です。

さて。
先ほど、写真家 岩合光昭氏のNHKプロフェッショナルを観ました。
家にはペットもおらず(いるといえば、義父が餌をあげているキジバトぐらい…)、猫が好き、というわけではないのに、岩合さんが撮るものにはなぜか惹かれる。

惹かれる理由がわかりました。
岩合さんは、自然を、そして最も近くに住む野生動物としての猫を、尊敬しているのですね。猫は平和な場所にしかいかないそうです。平和な場所には平和な風が吹いていて、猫は平和な場所にしかいない。家族が喧嘩をしているとその場を離れる。なるほど。
岩合さんは、なぜ自分が動物写真を撮っているのか考え、「猫をとおして平和をみたい」のだ、と結論づけていました。

わたしも「家をとおして平和をみたい」。
媒体は違えども、同じ気持ちがあるから共振するのだ、と感じました。
これをいつか読んでくださるあなたとも共振できると嬉しいです。(み)

2017年5月26日金曜日

家の神


こんばんは。
今日は「家の神」(文=鶴見俊輔、写真=安達 浩/淡交社)を読みました。

この本は1972年に刊行された本を再編集し、1999年に発売されたもの。戦前は、家は代々住み継ぐもので、家の中心の大黒柱は毎日磨き、家のあちらこちらに神さまの存在を感じるものだったそうです。「家をたましいのないモノ、使いすてできる品物として見る現代人の考え方をこえる知恵がこもっていた」とは著者の弁。でも、決して懐古主義ではなく、ある家、または家庭で起きた事実を反芻しながら、現代の家や家庭のあり方を考えるヒントを与えてくれます。人間の形成には時代背景や家族(もしくは血の繋がり関係なく、共に暮らす人)の有り様が最も大事、と。時代がおしつける「これが理想の家族」という家族像ではなく、人間同士の思いやり、みたいなものが大切なのだ、と読み取りました。住む人の心が一番大事。でも、その人間を入れる器としての家は、住む人の心や住人同士の関係性を生み出す一因になります。風雨を凌ぐ以上の役割が、住まいにはあると思うのですよね。

それにしても、ペーター・キュルテンという人の人生の話は強烈でした。
強烈すぎてここでは書けませんので笑、ご興味ある方はこの本を是非読んでみてください。http://amzn.asia/6SUgQUs

著者の故・鶴見俊輔氏は「家の会」というサークルを開いていたそうで、この本もその活動から生まれたそうです。私も「家の会」を開いて、皆さんと「家」について語りたい、と思う夜です。(み)

2017年5月24日水曜日

面壁九年

こんばんは。
今日は、我が家のウッドデッキの夜景写真(おおげさ!)です。

この奥に見える光は、家のすぐ裏にある中学校の武道場の明かり。
これを書いている今も「やーっ」とか「とーっ」とか鍛錬に勤しむ声が聞こえてきて、よいエネルギーをいただける気がします。

さて。
今日はずっと欲しいと思っていた四字熟語辞典を買いました。
鎌倉にいらっしゃる人生の師匠が、必ず手元にひとつ置いておきなさい、とおっしゃっていたので。ここでも少しずつ書き留めていこうと思います。

その時の気持ちにあった言葉やお伝えしたい言葉を書きとどめる予定でしたが、全部読むのは気が遠くなりそう(!)だったので、とりあえず、ぱっ!と開いて目にとまった言葉にしよう、と思いたち、今日はこの言葉「面壁九年(めんぺきくねん)」。この四字熟語は、「長い間一つのことに辛抱強く取り組むことのたとえ」で、「中国南北朝の梁の時代、禅宗の始祖とされる達磨大師がインドから中国に渡って以後、嵩山(すうざん)(洛陽の東方にある山)の少林寺に籠もって九年間も壁に向かって座禅を組み続け、悟りを開いた」という故事からだそうで。座禅九年!すごいですねぇ。なんだか勇気をもらいます。

深呼吸、深呼吸。
呼吸をととのえて、明日からまた一歩ずつ進んでいきたいと思います。
それにしても、Facebookとはまったく違う気持ちでのびのび文章を書いていることに自分でも驚いています。どれだけ「いいね!」を期待して書いているのか笑。その話はまた。(み)

(出典:用例でわかる 四字熟語辞典 第二版 学研辞典編集部編)